梅田悦生

アクセスカウンタ

zoom RSS 模擬試験

<<   作成日時 : 2010/07/26 07:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【答1】1、3,6,8,11,12➡1.人口を維持するには合計特殊出生率が2.08以上必要です。1.近年のわが国の合計特殊出生率はおよそ1.3です。2.飛沫の水分が蒸発し、中に含まれていた病原体のみ(=飛沫核)が空中を漂う状態が空気感染です。3.ノロ・ウイルス感染症もコロナ・ウイルス感染症であるSARSサーズ(重症急性呼吸器症候群)も、ともに「飛沫感染」と「濃厚接触」により感染します。6.四類感染症では人から人への感染が証明されていませんので、就業制限は生じません。8.ETS:Environmental Tobacco Smoke(環境中たばこ煙)とは、酸性の呼出煙(主流煙)とアルカリ性の副流煙を合わせたものをさします。発がん性物質です。10.これらのものを原料として5%以上使用したものには、遺伝子組み換え表示が義務付けられています。11.アレルギーに関する表示が必要な食品は、卵・乳・小麦・そば・ピーナツです。これらのものは少量であっても記載しなければなりません。12.メタボリック症候群の診断基準は、ウエスト周囲径が男性85センチ以上、女性90センチ以上で、高血糖、高血圧、高脂血症の二つ以上を有していることです。

【答2】A項-4、B項-1、C項-6.➡【■ぶどうの病気・害虫・対策】
うどん粉病(流行した時代 1855年) 病原体などの種類:かび 対策:硫黄を含んだ農薬散布
フィロキセラ(流行した時代 1863年)  病原体などの種類:害虫 対策:接木
ベト病(流行した時代 1878年)  病原体などの種類:かびボ年 対策:ボルドー液 
灰色かび病 病原体などの種類:かび 対策:イプロジオン水和剤
晩腐病 病原体などの種類:かび 対策:ベンレート(ベルミノ剤)
リーフロール病 病原体などの種類:ウイル 対策:スウイルスフリーのぶどう育成
ピアース病 病原体などの種類:細菌 昆虫シャープシューターが媒介するが、まだ良い対策法が見つかっていない。 
花振るい 主として天候
【語呂合わせ】白いうどん粉黄色になって、ベトベトと花も実もないボルドーで、灰色・色消し・プロ任せ、晩は日本で弁当食べる。シャープなピアスで樹が枯れる。寒過ぎて花が狂うと花振るい。(解説)うどん粉は白い粉がふいているように見える病気で対策は硫「黄」を含んだ農薬です。ベト病は落花・落葉・落果を生じ対策はボルドー液。灰色かび病は皮の色素を破壊しぶどうをだめにしますので、イ「プロ」ジオンで対抗します。「晩」腐病は日本最大のぶどうの病気で、弁当(ベンレート)が対策です。ピアース病は昆虫シャープ・シューターが媒介する細菌性の病気です。花振るいはcloureクルールといいます。   

【答3】1、2、5➡1.亜硫酸は残存量が0.35g/s未満。ソルビン酸は使用可能量が0.20g/s以下と制限されています。2. débourbageデブルバージュ(=racking of the mustラッキング・オブ・ザ・マスト) 前清澄とは、赤ワインではなく、白ワインの醸造に関する手法です。醗酵に先立って、搾汁した果汁を低温で半日ほどおいて不純物を沈殿させる作業です。3.macération péllicuraireマセラシオン・ペリキュレール(=Skin Contactスキン・コンタクト)の説明文です。4.MLFでは酸の強さがほぼ半分の量にまで減ります。減酸といいます。5.設問の説明文はsaignéeセニエ(血抜き法)のことです。ロゼ・ワイン醸造の際にも出てくる用語です。délestageとはデレスタージュ液抜静置法のことです。
【写真説明】熟成させるために樽に入れたワインは、ゆっくりとMLFをはじめます。写真は樽の中にあるワインを少し取り出して酸度を計測し、MLFの進行状態を見ているところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

模擬試験 梅田悦生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる