梅田悦生

アクセスカウンタ

zoom RSS 模擬試験

<<   作成日時 : 2010/08/05 08:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【答21】4.➡ Champagneシャンパーニュの醸造に使用できるぶどう品種はChardonnayシャルドネ、Pinot Noirピノ・ノワール、Pinot Meunierピノ・ムニエの3種類です。1.Gros NoirienはPinot Noirの別名(シノニム)、2 Beaunoisは Chardonnayシャルドネ、3 MüllerrebeミュラーレーベはPinot Meunier、4 Portugieserポルトギーザーはドイツの黒ぶどう品種でChampagneを造れる品種ではありません。5 AubaineオーベーヌはChardonnay

【答22】2.➡1.Assemblageアサンブラージュは複数のワインをブレンドする調合作業。2.Tirageティラージュは瓶詰めのことで、このときにワインにLiqueur de Tirageリクール・ド・ティラージュ(ショ糖24g/ℓ+ワイン+酵母)を加えて栓(金属の王冠あるいはコルク栓)をします。3.Deuxième Fermentationドゥジエーム・フェルマンタシオンは二次醗酵という意味で、Tirageによって瓶の中で生じる醗酵過程をさします。この醗酵により、アルコール度数が1.3〜1.4%上昇し、約6気圧を得ることが出来ます。加えて、大量の滓が瓶内に生じます。年号入りのシャンパーニュでは3年間のMaturation sur lieマチュラシオン・シュール・リー(熟成)が必要です。4.Dégorgementでゴルジュマンは滓抜き・口抜きのことで、Remuageルミュアージュ(動瓶操作)で瓶口に集めた瓶内の滓を、氷点下20℃で凍らせて取り出すこと。5.Dosageドザージュはリキュール添加。Dégorgement直後のシャンパーニュには、甘味は全くありません。そこに甘いリキュールを入れて味を調整します。加えるリキュールをLiquer d’Expéditionリクール・デクスペディシオンといいます。

【答23】2.➡全問のDosageドザージュに関する設問です。Liquer d’Expéditionリクール・デクスペディシオンを全く加えないものは、Brut Zéroブリュット・ゼロ、Ultra Brutウルトラ・ブリュット、Brut de Brutブリュット・ド・ブリュット、Brut Sauvageブリュット・ソヴァージュBrut non doséブリュット・ノン・ドゼ、 Brut 100%ブリュット・サン・プルさん。Brut Natureブリュロット・ナチュールには3g/ℓ以内ですがLiquer d’Expéditionが入っています。 

【答24】2.➡Loireロワール川右岸にある代表的なAOCは、Muscadet-Sèvre et Maineミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ、Savennièresサヴニエール、Bourgueilブルグイユ、Jasnièresジャスニエール、Pouilly Fuméプイィ・フュメ、Pouilly-sur-Loireプイィ・シュール・ロワールです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

模擬試験 梅田悦生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる